KI2253
ヴィクトリアン 白鳥のセロリパース 


price ¥17,000

■size
幅=18.5cm 径=14cm 高さ=25.5cm

1880年頃、ヴィクトリアン時代に作られたセロり用のガラス器です。
プレスガラスの本体に吹きガラスのダブルハンドルの姿も美しく、気泡を含むとろみのあるガラスがヴィクトリアンらしいお品です。本体の正面には水辺を泳ぐ白鳥が、真反対側にはシダの葉がエングレービング(彫刻)されています。以前に白鳥のセロリバースをご紹介した事がありますが、ダブルハンドルで脚が長いスタイルのものは初めてで大変珍しいものです。本体に製造時にできた縦の筋が3箇所あります。また表面に小傷があったり、フットの縁に欠けが一箇所ありますが、強度には影響のないものです。持つとどっしりと重みと厚みもありますので、花器にも適しています。

イギリス 19世紀末期