CO3725
モシュリンヌ木箱 ラージ スミレとミモザとツバメ

price ¥18,800

■size
幅=29.8cm 奥行=10.7cm 高さ=7.6cm

モシュリンヌの横長の木箱です。今まで扱ったなかで一番大きなサイズかもしれません。
蓋にはバスケットに入ったスミレとミモザとツバメの群れが描かれており、土産用として売られていたものです。モシュリンヌは今では世界中にコレクターもいるアイテムです。

大きさが分かるようにミサ典書(幅7.5cm)を入れてみました。大きさから想像するとグローブボックスか、大事な物を入れる為のものだったのでしょう。鍵穴はありますが鍵は残っていません。

右上に記された地名はBiarritz。ビアリッツはフランス南西部のバスク地方にある美しい海辺の町で、19世紀にヨーロッパの王族や貴族が訪れたことから発展した人気のリゾート地です。目立った傷みは無く、内側も綺麗です。裁縫箱としてや細々したものを入れるのに収納力も抜群のサイズです。

フランス 1920年代~1930年代頃