KI2787
ヴィクトリアン シルバープレート シュガーポット

price  \19,000

■size
幅=19.5cm 奥行=10.9cm 高さ=12cm

花のハンドエングレービングが見事で、ダブルハンドルのスタイルも美しいシルバープレートのヴィクトリアン期のシュガーポットです。薔薇やお花の部分は打ち出しにより盛り上がった手の込んだものです。蓋のつまみは象牙。
大きめのシュガーポットは当時貴重だった砂糖を紅茶にたっぷりと入れる富の象徴だったのでしょう。現在ではティーバッグなどを入れるのにも良さそうです。

つまみにヒビがありますが、強度的に問題の無いものです。内側の底の周囲に黒ずみがありますが概ね綺麗な状態です。本体の上部の盛り上がった薔薇の部分(両サイド)にメッキの剥がれにより下地の銅の色が見えていますが嫌な感じではありません。

底に1842年にシェフィールドで創業したThomas Otley&SonsのマークとEPBMの刻印があります。EPBMはElectro Plated Britannia Metalの略

イギリス 1870年代~1900年頃